佐藤レイはじめ世界トップレベルの戦いを見届けよう!25周年プロツアー観戦会レポート

こんにちは、広報部の笠川です。

先週末はマジック25周年記念プロツアーがありましたね。今回のフォーマットは『3人チーム構築戦』。弊社からも佐藤レイ(Hareruya Pros)が、チームメイトの村栄龍司選手(Big Magic)と木原惇希選手(Onogames)とともに、優勝を目指して本戦へ出場しました。

そんな佐藤の挑戦を見届けるため、有志で二日目の夜にオフィスへ集まり、プロツアー観戦会を実施しました。初日を終えた時点でのチーム成績は5-2。ベスト4進出も狙えるいいポジションでした!

開催地との時差の関係上、日本では深夜に中継が配信されることの多いプロツアー。今回も例に漏れず、観戦会は23時からスタート。長い夜を乗り切るために食料とお酒を買い込み、オフィスへ集合しました。

プロジェクターとスクリーンを使い、Twitchの配信を大画面で投影していきます。パブリックビューイングみたいでちょっとわくわくしますよね、こういうの。実況の鍛冶友浩さんと黒田正城さんのやり取りも安定感があって心地よいです。

配信の一発目は黄色い帽子がトレードマークのガブリエル・ナシフ選手を擁するチームの対戦。特に最近環境が変わったスタンダードとレガシーのデッキ選択には全員の注目が集まります。実力者同士の接戦やプロならではのシビアなプレイングに思わず全員が声を上げていました。

9回戦ではKusemonoの高橋優太選手/瀧村和幸選手/藤村和晃選手がフィーチャー席に登場!やはり日本の選手には活躍を期待してしまいますね。結果はアメリカの強豪チームと対戦して2-0で見事勝利。PTドミナリアでもTOP8だった瀧村選手が操るジャンド復讐蔦の一気呵成の展開にはとても盛り上がりました。

長丁場の対戦と対戦の間、プロツアーにあてられてオフィス内でも野良試合がいくつか立ち上がっていました。プロが選択したデッキと自分たちのデッキを比べて環境考察にも熱が入っている様子が印象的でした。

夜も進み外が白んでくる頃になると、さすがに参加者にも疲れの色が。一時は、見方によっては死屍累々と言えなくもないようなオフィスの絵面となりました。笑

(写真引用元: http://www.hareruyamtg.com/article/category/detail/5273 )

完全に朝を迎えたところで配信は終了。気になる佐藤/村栄選手/木原選手の成績は10-4の15位でした。惜しくも3日目には届きませんでしたが、参加した日本チーム内では最高順位とのことで、健闘した佐藤/村栄選手/木原選手には今後も注目していきたいですね!

Sekappyでは、全員でマジックを思いっきり楽しんだり、各チームのコミュニケーションも兼ねて、各種イベントを定期的に開催しています。今後もイベントの様子をレポートしていきます!