Sekappyを根ほり葉ほり&止まらない技術トーク!『第二回 MTGと技術をネタにダベる会』開催レポート

こんにちは、Sekappy広報部の笠川です。

先週8月24日の金曜日に交流イベント(ただの飲み会とも)の『MTGと技術をネタにダベる会』の第二回目を開催しました。ダベる会がどんな会かについてはこちらから。今回はその様子を簡単にレポートさせていただきます。

第二回のダベる会はSekappyオフィスとは少し離れたTCGの聖地、秋葉原で開催させていただきました。ショップを梯子で巡ったり店舗大会に出場したりなど、MTGプレイヤーにとっても馴染みのある場所ではないでしょうか。

一週間の疲れを労う乾杯で会がスタートして、普段のマジックやお仕事の自己紹介が済むと、あちらこちらで様々な話題が。

片方のテーブルでは、Sekappyが進めている開発や事業についてたくさんのご質問をいただきました。「TCGに関連する開発の苦労話や裏話を聞いてみたい!」「MTGをコンセプトにしているけど、どんな展開をしているの?」「実際のところ売り上げって立ってますか?」などなど、キャッチボールレベルから剛速球まで、普段はなかなかお伝えできない部分についてお答えできたかと思います。

ちなみに内容の一部を抜粋してお伝えすると、「TCG関連開発についてはメンバー全員がプレイヤーというのがかなり強みになっている」「事業自体はMTGオンリーというわけではないが、Sekappyの強みが活かせたり成長に繋がる領域を選んでいる」「先日発表したシャドナビの案件やその他の案件/事業を含めて、おかげ様で会社の方はまわっている」などなど、こんな感じのお話をさせていただきました。

もう片方のテーブルでは技術方面に話題が飛び、これまでのキャリアで経験した案件についてやこれからやっていきたい事、開発言語のよもやま話など、やはりこちらも話が止まらないご様子。おいしい料理とお酒があり、共通の話題まであるとなると、やはりとても盛り上がりますね!参加者の方もSekappyメンバーも金曜の夜に楽しい時間を過ごすことができました。

『MTGと技術をネタにダベる会』は、今後も都内各所や国内GPの開催に合わせて企画していきますので、ご興味をお持ちいただいた方はぜひ次回のイベントで会いましょう。また今回のお話の内容が気になったという方は、ぜひオフィスにてもっとお伝えさせてください。それではまた!