社員インタビュー:澤野 公佑(開発部) ~未経験入社したエンジニア~

先日、プログラミングコンテストの発表を行い、おかげさまで多くの方から反響いただいております。

来たれ若きプログラマー!プログラミングコンテスト開催!

さて、Sekappyでは未経験者や経験の浅い若手のエンジニアの方にもご活躍いただいており、今回のプログラミングコンテストはまさにそうした若いエンジニアの方を対象としています。

今回は、実際に未経験からSekappyに入社をして、現在エンジニアとして働いている澤野 公佑さんにインタビューを行いました。

※インタビューはオンライン通話で行われました。

入社までの経緯

――「Sekappyに入社するまでの経歴を教えてください」

澤野「静岡の大学を卒業した後、茶葉の販売会社に就職しました。地元が静岡だったこともあって、お茶が好きだったんです。その後、一度小売業に転職しましたが、新しいことにチャレンジしてみたい、手に職をつけたいと思って、去年の夏にプログラミングを学べるスクールに通い始めました」

――「エンジニアとして勉強をしていく上で苦労したことなどはありますか?」

澤野「最初のうちは慣れなくて大変でした。スクールに入学する前に、職業訓練で少しだけHTML5/CSS3とjQueryを勉強したことがあったのですが、スクールで触ったのはRubyとRuby on Railsで、まったく別の技術だったので……ただ、スクールでは一緒に学ぶ仲間がいたので頑張れました」

――「その後スクールを卒業されて、Sekappyに入社されました。なぜSekappyに入社しようと考えたのでしょうか?」

澤野「元々静岡にいた頃からマジックをプレイしていたので、Sekappyの名前は知っていて、興味はあったんです。ただ、採用要項を見ても未経験者募集がなかったので、応募するときはダメ元で受けるつもりでいました

――「なるほど。たしかにSekappyで未経験から入社された方は非常に珍しいです。面接の際、どのような点をアピールされましたか?」

澤野「スクールではRubyについて学んでいたのですが、できる限り独学でもPHPやLaravelなどの様々な技術に触って、アピールのために制作物を作っていたので、その点をアピールしました」

現在の業務について

――「現在、Sekappyではどのような仕事をされていますか?」

澤野「現在はPHP7.2とLumen(Laravel)を使用して、APIの実装、特に新規実装とバグ修正などを行っています。基本的にはコードを書かせてもらっていますね」

――「バックエンドがメインなんですね」

澤野「そうですね。面接のときも『デザイン系の大学を出ているならフロントエンド向きなんじゃないの?』と言われたんですが、僕はバックエンドの方が好きです。自分の技術の向上が目に見えて分かりやすいので……ただ、いろいろなことに挑戦してみたいと思っているので、いつか余裕が出てきたらフロントエンドにも挑戦してみたいです」

――「今の仕事は楽しいですか?」

澤野毎日新しいことができるので、楽しいです。未経験で入社すると、最初はテスト業務に回されたり、コードを書かせてもらえないということが多いと聞きますが、僕は入社して最初の頃からコードを書かせてもらえているので、着実にスキルアップできていると思います」

――「逆につらいことなどはありますか?」

澤野「やはりまだ経験が浅いので、実装に手間取ることもありますし、自分で解決できない問題が起きたときが大変ですね。なるべく一度自分で調べてから、それでもどうしようもないときに人に聞くようにしています」

Sekappyについて

――「澤野さんから見て、Sekappyはどういう会社でしょうか?」

澤野「全員マジックをしているというだけあって、馴染みやすいです。普段は社外で仕事をしているといった人でも、定期的に社内のイベントが開催されているので、仲間同士で交流ができて、とても雰囲気のいい会社だと感じています」

――「最後に、Sekappyに入社を考えている方に一言お願いします」

澤野「マジックが好きで、やりがいのある仕事をしたい人はぜひsekappyへ!」

昨年8月にプログラミングスクールに通い始め、12月に弊社に入社してくれた澤野さん。未経験でも、澤野さんのように技術習得に意欲的な方、そしてマジックが大好きな方であれば、ぜひ現在実施しているこのコンテストにご応募ください!みなさんの技術をアピールしていただく場としてまさにうってつけです!

来たれ若きプログラマー!プログラミングコンテスト開催!

コンテストの応募期間は5月10日までとなっておりますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください!